2020年GPが開催されるオランダについて

オランダGPの観戦以外にもオランダの魅力はたくさんあります。観戦の3日間だけでなくせっかく行くのなら満喫するべきです。オランダはヨーロッパ最大の貿易港があり、輸出入が盛んに行われているため、経済的にもとても潤っています。産業革命が起こった19世紀からヨーロッパの貿易の中心となったのには。ライン川の河口であることが大きく影響しています。
公用語はオランダ語ですが、ドイツ語やフランス語を話す人も多く、英語が話せる人もたくさんいるため、街を歩いても不便はありません。治安も日本ほどではないものの、他の諸外国と比べると良いと言えます。

アムステルダムのおすすめスポット

首都アムステルダムにはおすすめのスポットがたくさんあります。国立美術館は美しく荘厳な建物だけでも見る価値がありますが、約8000点もの所蔵品が展示されています。中でもオランダ人の有名画家によって描かれた絵画の数点は見逃せません。
リッセには世界最大規模の花の公園があり国を代表するチューリップの花やさまざまな種類の花が植えられています。公園の奥には大きな風車小屋もあり、これぞオランダという風景が見られます。レストランやカフェもあるので、疲れたときに立ち寄ってみるのにおすすめです。
アンネ・フランク・ハウスはアンネフランク一家8人が過ごしていた家です。小説に出てくる窓辺から眺めていた教会も同じように見ることができます。とても人気があり、入り口には長蛇の列ができることもあります。ゆったりと運河が流れる街全体がとても美しく、自転車を借りて散策する人も多いです。

F1GPが開催されるオランダの食べ物

オランダの食べ物の名物はハーリングです。生ニシンを酢漬けにしたもので、お店によってはタマネギやピクルスなどを添えてくれます。ワインのつまみとしても良いですが、パンに挟んで食べても美味しいです。
パンネクックはオランダのパンケーキです。アメリカのように厚くなく、クレープのように薄い食べ物です。甘いスイーツ系としてもハムやチーズを挟んで食事としてもいただけます。食べ歩きの文化があるためテイクアウトの食事がたくさんあり、中でもルンピアという揚げ春巻きは日本人でもなじみがあるため食べやすいです。
インドネシアに植民地を持っていたためインドネシアの料理もあります。バミゴレンはエスニックな味付けの焼きそばで、気軽に食べることができます。

ピックアップ記事

オランダGPのドライバーサイン

F1ファンにとってドライバーのサインは是非手にしたいグッズです。オークションなどで販売されているものありますが、できれば自分で観戦ツアーに行ったときにサインしてもらうと良いでしょう。実は開催国のGPで...

入手方法は?オランダGPの観戦チケット

35年ぶりに復活したオランダのGPはすでに話題となり、人気を集めています。2019年5月に人気のオランダ人レーサーのチームが開催決定に合わせてザントフォールトでデモ走行イベントを行った際は、10万人も...

オランダGPが復活

2020年に、F1オランダGPが1985年以来35年ぶりに復活します。2020年から3年契約なので、2023年までは確実に行われるということになります。開催されるザントフォールトはビーチとしても有名で...

2020年GPが開催されるオランダについて

オランダGPの観戦以外にもオランダの魅力はたくさんあります。観戦の3日間だけでなくせっかく行くのなら満喫するべきです。オランダはヨーロッパ最大の貿易港があり、輸出入が盛んに行われているため、経済的にも...